にきび治療を始める前に知っておきたいピルのホルモン治療とは?!

大人にきびは、一生に一度は経験すると言われているポピュラーな皮膚トラブルです。いくつになってもにきびが治らずにきびに悩まされている方も少なくありません。ここでは、にきび治療で注目されているピルのホルモン治療についてお伝えします。

にきびとは?

にきびは、額、頬、口周り、顎など、様々な場所にできる発疹です。思春期から青年期に多く発症するもので、胸や背中などにもにきびができる場合もあります。このにきびができる要因には、毛穴に皮脂が溜まる事で毛穴の出口が炎症を起こし、小さく隆起した物がにきびになります。発症するにきびでも直ぐに治る軽い症状から、にきび痕の跡を残すような炎症が重いタイプのものまであります。基本的に思春期にできる物をにきび、大人ができる物を吹き出物と言います。しかし、両者には特に違いは無く、症状は同様になります。

にきびができる原因とは?

本来、肌と言うのは約28日サイクルで、肌表面の古い角質が剥がれて新しい角質に生まれ変わっています。これをターンオーバーと言うのですが、このターンオーバーが繰り返し行われる事によって、肌は美しく健康に保たれています。通常、肌の皮脂は毛穴から汗と一緒に外部へ排出されているのですが、ターンオーバーが乱れていると肌全体の角質が厚くなります。それによって、毛穴出口が塞がれてしまい毛穴の皮脂詰まりにつながります。
にきびの増殖を招くアクネ菌は皮脂を栄養源にしている為、過剰繁殖して肌に炎症を引き起こしてにきびを作ります。角質肥厚をはじめ、にきびは皮脂過剰分泌でも毛穴を塞ぎ、にきびができる原因に繫がっています。また、肌がオイリー肌だったり、糖分や油分の多い食生活だったり、ストレスの増加だったり、これらもホルモン分泌異常や皮脂分泌促進させる要素になる為、にきび発生や悪化する原因になります。

大人にきびの種類とは?

白にきび

白にきびは、にきびの症状で初歩段階の炎症になります。毛穴の皮脂詰まりによって皮脂が古くなった状態です。にきびの患部が薄い皮膜で覆われおり、にきび表面が閉じていないので、白や乳白色に見えるのが白ニキビです。

黒にきび

黒にきびは、白にきびが進行した次の段階症状になります。皮脂の盛り上がりで穴が空く事によって、にきび患部の被膜が開きます。患部が空気触れる為、皮脂が酸化して黒く変色したものが黒にきびです。

赤にきび

赤にきびは、黒にきびが進行したニキビで最も炎症の重いにきびです。毛穴詰まり皮脂に雑菌や細菌が繁殖する事で炎症を起こし、にきび患部が赤く腫れあっている状態が赤にきびです。

大人にきびの原因とは?

乾燥で肌バリア機能が低下する

本来、人間の肌と言うのは、肌の角質層に十分な潤いを与えて水分を角層に蓄える事で、外的刺激から肌を守るバリア機能を備えています。ですが、乾燥、紫外線、肌の過剰摩擦などによって、バリア機能は低下します。そこで、肌は自ら肌を守る為に角層を厚くする為、毛穴詰まりやターンオーバーの乱れなどによって、にきびが出やすい肌環境が作られます。大人にきびは、顎、口周り、フェイスラインなど、皮脂腺が少なく乾燥しやすい場所にもできます。なので、洗顔した後などには、必ず化粧水、乳液、美容液などで肌の水分・油分のバランスを整え、肌乾燥を防止する事も大切です。

ターンオーバーの乱れ

肌のターンオーバーは、日常生活での睡眠不足、過度なストレス、食生活の乱れなどによって引き起こります。本来、肌サイクルと言うのは約28日周期で定期的に角層細胞が生まれ変わっています。新しく生まれ変わる事で、肌は健康で潤いに満ちた滑らかな肌状態をキープしています。ですが、肌のターンオーバーに必要な栄養素を食生活で十分に摂取していない、睡眠不足で成長ホルモンが分泌される時間帯に睡眠できていないなど、ターンオーバーを妨げる要素がある場合、ターンオーバーが乱れて肌の生まれ変わりが長期化します。これは、本来であれば自然に剥がれ落ちる古い角質が、肌に留まってしまっている状態を招き、毛穴詰まりに発展してにきびを招きます。

生理の影響での皮脂分泌増加

女性は生理周期によって、にきびができやすい時期があります。排卵後から月経前までには、肌がオイリーになったり、にきびや吹き出物ができやすかったり、肌荒れしやすい状態になります。皮脂分泌が活発に行われる時期は、特に肌を労りながら清潔な肌環境を保つ事も大切です。

ピルがにきび効果的な理由とは?

そもそもピルとはどんな薬なのか

経口避妊薬の事をピルといいます。昔は、ホルモン量が多く含まれている中用量ピルしか有りませんでしたが、現在は低用量ピルが主流で、ホルモン量が少なく身体影響への負担が少ないこのタイプが一般的に使用されています。低用量ピルは、黄体ホルモンであるプロゲストーゲン、卵胞ホルモンであるエストロゲン50マイクログラム未満が主成分になっています。高用量や中用量ピルと比べて、ホルモン含有量は5分の1から10分の1に減っています。なので、身体影響への負担が少なく副作用も軽い為、上手くピルの効能を利用する事でにきび対策の強い味方になります。このように、にきび治療では正しくピルを理解する事で、健康的な生活を送る事ができ、肌悩みを解決に導く事ができる薬になります。

ピルのホルモン療法

にきびの増悪因子にアンドロゲンと言われる男性ホルモンが挙げられます。女性もアンドロゲンは産生されており、特に、難治性大人にきびを繰り返す方は増加傾向にあります。なので、アンドロゲンの分泌を抑制する事のできるホルモン療法は非常に効果的です。ホルモン療法では、アンドロゲンを抑制するスピロノラクトン、ホルモンバランスを整える低容量ピルの内服治療でにきびを治していきます。

ホルモン療法のメリット

大人にきびと言うのは、毎月繰り返し新たなにきびができるなど、大人にきびに悩まされている女性は少なくありません。この繰り返す負の連鎖を断ち切る目的として、ピルを用いたホルモン療法があります。大人にきびに悩まされる原因には、大きく活性型男性ホルモンの強い関与がある事が分かっています。実は、この男性ホルモンの活動軽減の目的で、低容量ピルは大いに活躍してくれます。

低容量ピルとは

低容量ピルと言うのは避妊薬なのですが、避妊効果以外にも多くの副効能がある薬です海外では昔から女性の難治性にきび治療薬として頻用されており、美容に良い効果を発揮するとして広く知られています。低容量ピルの処方で高い治療効果がでており、肌改善効果、安全性、治療コストの側面からも、とても優れたにきび治療として多くの女性から支持されています。肌状態の経過が良好であれば、ピルを数ヶ月内し続ける事で、新たな大人にきびの出現個数の減少に繫がり、また、赤く腫れた赤ニキビも減っていきます。このように、ピルのホルモンバランスを整える力によって、にきびがある患部の安静が促され、大人にきびで炎症を起こして痛んだ肌が修復されていきます。なので、肌サイクルが正の連鎖を辿るようになり、にきび肌の改善が期待できます。

大人にきびを克服する

女性にとって大人にきびは、恥ずかしい、人に見られたくない、肌を露出したくないなど、中々な悩みがありますよね。そんな大人にきびの見方になるピルは、女性の大人にきびを治療する特効薬になってくれます。現在では、ピルを用いる大人にきびの治療は一般的になっており、肌改善効果が高いとしてにきびを克服できる薬となっています。ピルによるにきび治療ができない事もあるのですが、体が健康で避妊を望んでいる女性には、ピルでの大人にきび治療は非常に有効的にと言えます。